独立して飛躍したいPGに贈る!やりがいと資質と必要スキル

フリーのプログラマーに必要とされる資質

会社勤務のプログラマーが独立してフリーで仕事をする場合、幅広い能力を兼ね備えている事が条件とされます。プログラマーはプログラムの基本設計からコーディングやデバッグ等の一連の作業を遂行する事が必要です。且つ、フリーの技術者の場合は会社勤務とは異なり他社からのサポートを得ることが難しくなる為、自身で幅広い知識を身に付け様々なトラブルに対処できるようにしておかなければなりません。そのため、通常はシステムエンジニアの仕事とされる要件分析などの作業についても精通していることが求められます。

また、フリーのプログラマの場合はクライアントと相談しながら必要な機能を備えたプログラムを完成させなければなりません。その為、クライアントとコンサルティングを重ねてニーズを満たすプログラミングを構築する為に対人スキルも重要な要素です。そのため、技術力以外にも優れた資質が求められますが、人材としての総合評価が高くなる為にやりがいのある仕事となるでしょう。やはり、クライアントの発注するプログラムの要件を分析してプログラミングを構築する為には担当者と対峙して様々な要求を聞きだすことが肝心です。独立後は自宅でのプログラミング作業が多くコミュニケーション能力は必要ないと考えられがちです。

しかし、クライアントへのコンサルティング業務はフリーの技術者にとって満足度の高い作業を遂行する上では不可欠な仕事です。よって、柔軟性に長けた技術者であれば継続的に仕事を依頼してもらう事もでき、独立後も安定した収入を得ることが出来るでしょう。