独立して飛躍したいPGに贈る!やりがいと資質と必要スキル

プログラマが独立して手に入れられる自由

プログラミングの仕事は、頭脳を使って行うものです。そのため、大掛かりな機材を必要としません。パソコンなどコンピューター端末があれば、どこでも開発の仕事ができます。この手軽さが、頭脳派の労働者に受けています。さらにもっと自由に働きたいのであれば、独立してフリーのプログラマになるのも方法です。フリーとして働くには不安も確かに付きまといます。

しかしその一方で、強いやりがいが感じられるのも事実です。全てを思うままに自由に決定し、ソフトウェア開発で実力が発揮できるわけです。ただし、判断した決断には責任が伴います。仕事がうまくいかないとすれば、その責任は自身にあるでしょう。また、仕事上のトラブルに対し、全て一人で解決のために取り組まなければなりません。このようなことから、プログラマが独立して仕事をするとなると、背負う責任からくる重圧が大きいです。

それでもやりがいがこの仕事で強く感じられるという人は、十分にフリーとして仕事をやり遂げられます。たとえ仕事の重圧に耐え切れられなくとも、またプログラマとしてソフトウェア開発会社への転職を行えばいいだけです。一度は、フリーの立場になってみるのも良い経験です。そうすれば、ソフトウェア開発会社に勤務していた頃とは異なる体験ができます。独立することに強い憧れを感じていたプログラミング技術者も、フリーの仕事がそれほど簡単なものではないと分かるでしょう。それだけでも、十分に大きな収獲です。